オナ電で健康な生活を

食欲、睡眠欲、そして性欲は人間の三大欲求といわれており、これらは持たない人はこの世に存在しません。
そして、これらをしっかりと満たさないと身体的、精神的にトラブルを抱えたり体を害する恐れもあります。
これらのうち食欲や睡眠欲は、ある程度自分でコントロールすることができます。
ところが性欲は自分自身だけでコントロールするのが難しいのが実情です。
男性であれ女性であれ結婚していたり恋人といった特定のパートナーのいる人なら、性欲も満たすことができます。
中にはパートナーがいながらもセックスレスといった状況になっている人もいるようですが、そんな人がやはり生活上においていろいろとトラブルを抱えているものです。
ましてや特定のパートナーのいない人はどうしようもありません。
風俗で発散させるといってもお金も掛かりますからそう度々はいけませんし、セフレを作るとしてもそう簡単なものではありません。
最も簡単、手軽な性欲の発散方法はオナニーですが、それでは物足りないし味気ないですよね。
だからこそ、オナ電がおすすめなのです。
オナ電なら手軽で簡単にセックスができます。
「でもオナ電なんてオナニーと同じようなものじゃないか」という人もいるでしょう。
けれども自分一人で悶々と行うオナニーとは違って、相手と興奮を共有するオナ電は興奮の度合いが全く違います。
さあ、あなたもオナ電で性欲を解消して健康になりましょう。

彼女持ちだけどテレフォンセックスしてる

僕には彼女がいますが、内緒でテレフォンセックス(通称テレセ)を楽しんでいます。
別に彼女に不満があるとか、そういう事情ではありません。
何となく刺激が欲しくて始めた結果、のめり込んでしまったんです…。
テレフォンセックスの醍醐味は、何と言っても妄想による補完です。
相手女性の容姿はもちろん、その気になれば自分の容姿(設定)だって思いのまま。
冴えないリーマンの僕が、テレフォンセックスの世界ではイケメン高収入医師や、ニヒルな教師になれてしまうのです。
そうしたシチュエーションに付き合ってくれる女性が多いのは、本当に有り難いですね。
これが、リアルの彼女だったら……「気持ち悪い!最悪!」と頭から批判するでしょう。
彼女のように、妄想=害悪と考える人もけっこういますからね。
だからこそ、テレフォンセックスは流行したんじゃないでしょうか。
利用者の数は、現実世界で捌け口を得られない人たちの数といっても過言ではないでしょう。もちろん僕もその一人です。
彼女には、今後も事実を伝えるつもりはありません。
どうせ批判されますからね。
それに、僕はテレフォンセックス=エッチな遊びと割り切っていますが、人によっては浮気・不倫としてカウントするかもしれません。
一度たりとも、相手に触っていなくともです。
僕のように彼女持ちの人が楽しむ場合は、やっぱり黙っておいたほうがいいと思います。男女関係は、平穏が一番ですからね。

▲ページトップに戻る