ついに女性とテレセまでいけたものの、自分なりにやってみたら思ったより盛り上がらなかったとか、自分も最後までいけなかったといった不満が残るテレセになってしまったとか、もっとひどい結果になってしまったという男性がいたとしましょう。
そんな男性に向けてまず言いたいのは、テレセというのは単純ではありますが奥が深いものでもあり、最初から満足できる結果を得るには自分の能力だけではなく、相手に恵まれることも必要で、自分だけを責めるのをとりあえずやめるべきだということです。

例えば相手女性がテレセの経験をかなり積んでいる人で、相手主導で進めてくれたりすれば初心者でも学びながら付いていけばいいので満足もできる上に楽しめるはずですし、初心者同士だとしても相性次第では初回から上手くいくこともあるんです。
つまり、テレセもリアルのセックスと似通っているということです。

経験者の女性相手というのはいいとして、相性というのはなにかということを具体的にみていきますが、相手の好みと合致するかどうかといってもいいかもしれません。

テレセにおいては基本的に質問したり質問されたり、説明するということで情報を交換しながら興奮を高めていくものなんですが、女性によっては過度な質問攻めを嫌う人もいるんです。
特に、同じ質問を繰り返されるのは女性が冷めやすくなることも多いようですから、質問ではなく違った切り口で攻めていきましょう。
違った切り口の一つとして、命令といってしまうと少し高圧的ですが、指示を出してみて様子を伺うというのも手です。
脱いでみてとか胸を触ってみてといった具体的な指示を出していくことでなにをしていいのかわからない女性に進路を作ることができますし、興奮も少しずつ高めていけるはずですし、質問攻めとは違った進行ができるはずです。
もちろん、質問攻めが気にならないとかむしろ好きだという女性もいるので、ここはもう自分の攻め方と女性との相性次第です。

躓いたことは決して嬉しいことではないと思いますが、躓いたことで学んだことは必ずあるはずですし、今後のテレセに活かしていけるはずです。
一度で懲りてしまわずに、是非何度も挑んでみて経験や相性の重要性を実感してみてください。

東京への出張、最高の出来事

金曜から土曜に掛けて東京への出張が入りました。
妻からたまにはと催促され、3夜連続使い物にならず、妻は機嫌が悪く最悪な状態でした。
妻の顔を週末に見る気は起こらず丁度いい出張でした。
金曜の朝、会議のある駅を出ると何か手渡されましたが、確認もせずポケットの中に入れました。
午後、会議も順調に終わり、土曜の予定はなくなってしまいました。
時間はタップリあります。
一服しようとポケットに手を入れると、今朝駅を出たところで貰ったティシュが出てきました。
「女の子と会話ができれば」と「テレセ」へ向かいました。
学生時代はよく通ったテレセですが、今はどうなっているのか楽しみでもありました。
女の子は、私の年齢をどう感じるのか心配でしたが、顔を見せるわけではありません。
年齢のことなどいわなければいいだけです。
席に着き電話を待ちました。数分して電話が掛かってきました。
はやる気持ちを抑えて電話にでました。
「こんにちは、電話ありがとう、話していいかな」と話しかけると女の子の返事がありません。
女の子に、私の声から女の子よりかなり年齢が上なことを気づかれ、返事が返ってこないのかと思いました。
「ごめんね、折角電話してくれてるのに、おじさんじゃだめだよね」というと女の子は「そんなことはありません、初めて電話を掛けたので、本当に男性が電話に出て驚いただけです」と女の子はいってくれました。
「今、何してたの、彼氏は」と話を盛り上げなければと思えば思うほど女の子の声は遠くなっていくようでした。
このままではいけないと気を取り直し、「仕事で来ているんだけど、今夜は一人で夕食も味気ないので一緒にレストラン、付き合って貰えませんか」といってみました。
断られるのは覚悟の上でしたが、以外にも返事は、イエスでした。
待ち合わせ場所に来た女の子は、すらりとしたスレンダーでかなりの美人でした。
スレンダーに不釣り合いな豊満な胸が服の上からも分かりました。
食事を済ませ「いい?」と聞くと女の子は頷きシティホテルに向かいました。
バスルームに二人で入りました。
浴槽の中で女の子を私の上に座らせお湯が溜まるのを待つことにしました。
私自身は太く堅くなっています。
それは彼女も気づいているはずです。

既婚の元彼女とテレセ関係になりエスカレートしてしまいました

学生時代に女性と付き合っていましたがエッチもしていましたし、会えない時にはテレセでお互いを癒し合っていました。
次第に価値観の違いで別れてしまったのですが、友人としての付き合いが続いており良き相談関係でした。
後に彼女は結婚をして家庭を持つ事になりましたが、旦那への不満を頂く度に電話で相談を受けていたのです。
帰りが遅くて浮気をしているのは間違いないと言い出し、旦那の隙を見ては連絡をして来るようになったのです。
夜の関係も殆ど無く気が向くと無理やり付き合わされてしまい、女性を道具としてしか見ていない事に愛想が尽きたと愚痴をこぼしてきました。
話を聞いている内に昔の恋愛感情が蘇ってしまい流れるようにテレセをするようになりましたが、まさか時を経て彼女とテレセ関係になるとは思いませんでしたし、話していると既婚者ではなく自分の彼女のように思えてきたのです。
付き合っていたときには何度も彼女とエッチをしましたので、彼女の裸体も嫌と言うほど見ましたし、感触も肌身を持って知っているのです。
目を瞑るとあの頃の情景が浮かんできますし、彼女のサービス精神の豊富さも思い出してしまい、気持ちの篭ったテレセになって行きました。
旦那の帰りは夜の10時頃でしたので帰宅をする前にテレセで癒し合っていたのですが、もう少しでイクと言う所で旦那が帰宅をしてしまい、その時に彼女は既婚者だったのだと実感をしました。
彼女は家庭を持っていましたし仲が悪いとは言え旦那が居る事には違いがありませんので、そこから先は越える訳には行かず、テレセだけの関係に抑えて置こうと思っていました。
ですが度々秘密のテレセをしていましたので次第に感情が再燃をしてしまい、3年ぶりに彼女とホテルで結ばれてしまいました。
久しぶりでしたし、もう二度とエッチな関係になるとは思っていませんでしたので、とても不思議な感覚になりましたし、時を越えて巡り合えた様な気持ちでした。
その後、彼女は離婚をしてフリーになってしまいましたが、悩みがあると連絡をして来ますし、寂しい時に癒しあうテレセ関係になりました。

テレセ好きの女性は空想妄想大好きなんですよ

テレセの最大の利点は、実際に会ったりしてエッチな事をしない分、手軽で気軽だしやはり相手の顔が分からない分、写メを交換していない状態ならば相手の容姿や顔といった風貌を自分の好き勝手に脳内空想妄想出来る事です。
勝手に美化して、男性ならば相手を超絶美女や可愛い系といった自分好みの女性を、女性ならば相手がイケメン美男子やダンディなおじさま等、勝手に脳内空想妄想を繰り広げても全然OKです。
女性としては男性側の声が低く渋くて素敵ならば尚更耳に心地良く聞こえ、その美声だけでもうっとりと感じて快感を覚えてしまう場合もあります。
テレセ好きの女性の特徴としては、エッチ好きでムラムラしている、もしくはエッチ自体に興味があり好奇心旺盛、そして、空想や妄想の類が大好きな人の割合がかなり多いです。
なので、男性側で女性とすんなりテレセをしたいといった場合は、自分の好みのエロ電話よりも相手の女性側の好む指定のエッチシチュエーションのテレセをしてあげると案外食い付きが良いですよ。
男性側もシチュエーションに拘りがあるのかもしれませんが、女性のエッチの好みに合わせられるならば素早くテレセに持ち込めます。
女性側が、こういったシチュエーションでテレセをして欲しい、シチュエーションや具体的なエッチストーリーを指定してくる場合もありますので、その際にはお互いに演じ切れれば感情と興奮が極限まで高まってテレセもより一層濃厚なものになります。
シチュエーションについてですが、良くある定番の痴漢プレイだったり、ご主人様とメイドといった主従関係だったり、無論それ以外も、女性によって性的興奮のポイントは色々と違ってきます。
勿論、シチュエーション等一切必要なく、お互いに擬音を聞かせあったり、卑猥な言葉を連発したり、喘ぎ声や荒い息遣いを聞かせて感情を高めるといった趣向を好む女性も居ますので、テレセに持ち込む前に事前に確認してみて下さい。
基本的にテレセは脳内で空想妄想力をフルに働かせ、電話越しの耳から伝わる声によって五感で感じ取り、お互いに自分の陰部の箇所を弄り合いながら気持ち良く興奮を貪って愉しむものでありますので。

テレセに慣れてきたらイメージプレイに挑戦しましょう

何回も、何十回もテレセを経験していくと、リアルのセックスでいうところの同じ体位や同じ進行の繰り返しによる飽きというか、変化がないセックスに対するマンネリ感がでてくることもあると思います。

そこで新たな興奮を与えてくれるのが、イメージプレイです。
風俗などではイメクラと呼ばれる業態があって好評なんですが、自分がなにかになりきったり、相手にコスプレをしてもらったり、なにかのキャラクターになりきってもらってプレイを行うということを、テレセで行うわけです。
コスプレやキャラクターといいましたがアニメやゲームという括りがあるわけではなく、学校の先生と生徒とか同級生とか、会社の上司と部下とか同僚といったリアルにあり得る関係性であってもいいですし、とにかくお互いが興奮できるシチュエーションならなんでもいいんです。
もちろん、お互いがアニメやゲーム好きなら普段から妄想していることをぶつけ合って好きなキャラになりきってテレセをするのも有効ですし、むしろ極めていくべき部分ともいえるでしょう。

キャラクター設定だけではなく関係性や立場も、恋人同士のラブラブものだけではなく、浮気や不倫、寝取りや寝取られといったお互いがより興奮できるシチュエーションにできれば盛り上がることは間違いないんですが、問題はシチュエーションの好みが合致するかどうかという点です。

お互いの好みのシチュエーションが噛み合わない場合は譲歩することも大事です。
相手が望むシチュエーションに合わせてあげるというスタンスの方が間違いなく相手は満足してくれますし、テレセの継続という意味では長期的に見てもメリットの方が多いです。
長くテレセをする間柄になればたまに自分のシチュエーションに付き合ってもらうなどをしていれば自分も満足できるはずですし、もしかすると乗り気じゃなかった相手女性がこちらの提示したシチュエーションにハマってしまうということもあるかもしれません。

セックスもテレセも、自分ばかりではなく相手を気持ちよくすることを念頭に置けば、イメージプレイも幅広く、長く楽しんでいけるはずです。

容姿から選べるライブチャット

ライブチャットは、ログインする前にチャットレディーの容姿を確認できます。
プロフィールページの写真画像は多少なり加工されていますが、ライブ映像は嘘をつきません。
そのためエロ電話サイトに多い“写真詐欺”の心配は皆無です。

アダルトタイプのライブチャットであれば、スタイルの確認すら可能です。
胸の大きさや形、腰のくびれ、指先ほか、こうした部位からセフレを選べるのも醍醐味のひとつです。

とはいえ、交渉が決裂すればそれまでです。
まずは一般的な交流を行い、信頼関係を構築しましょう。
ツーショット形式にてこちらもライブ映像を配信し、姿を知ってもらうこともポイントです。

姿がわかる・わからない相手とでは、出会いに対するビジョンがまったく異なります。
実際に会うことをイメージさせることが、セフレ獲得の第一歩です。

また、お互いに自慰を見せ合う疑似セックスを体験しておくこともセフレ獲得のコツです。
性的なことを共有することで、女性は警戒心を緩めます。
また興奮の度合いによっては、こちら以上に“会いたい”気持ちを大きくします。
そうなれば、関係成立はほぼ確定です。

しかしながら、誘いは“さり気無く”が大切です。
積極的な誘いは「実は、はじめからこれ(セフレ)が目的だったのでは?」という疑念を抱かせます。
こうなると信用を取り戻すことは難しく、“仲が良い会員”から“ただの会員”に降格します。
今後の進展は、ないものと考えて下さい。

男女関係で男性がモテる秘訣は、女の子の話を聞いてあげること!

モテ男の自慢ブログなどで、頻繁に見ます。
やさしい態度を見せてあげると女性は靡いてくるのです。
この態度は間違いはありません。女性は元来お喋り。
自分の話をどんどんと聞いて欲しいのです。

一般的な男性は女性のお喋りに付き合うのは面倒に感じます

あなたのご両親を見てください。
大体、母親の方がぺちゃくちゃ喋っていて、父親の方はテレビを見ながら相づちを打っているシーンが多いです。
ですが、結婚する前に男女が知りあう場合は、女の子の話を聞いてあげるのは大切な要因です。

出会い系サイトの場合はどうか?

この場合は直接話をすることがなく、すべてメッセージでの遣り取りになります。
これではなかなか、ちょっとした相づちが打てないのです。
どうしても一方的になります。
チャットを使うこともありますが、女の子としたら話したいことが全て文字にできません。不完全燃焼になります。
これが出会い系サイトの一番のネックです。

女性は気に入った男性としかデートしません

出会い系サイトでそこまで親しくなるのは簡単ではないのです。
非現実的なツールとなっています。
そこでお勧めなのがインターネットのテレクラサイトです。
この場合は、電話でのやりとりで肉声を聞くことができます。
女性から電話をするので男性は上手く相づちを打つ事で女性を関節的に口説けるのです。
これならば草食系男子でも女の子を落とせますよ。

続きを読む

人肌恋しい時期のテレセ

社会人になって3年。
仕事も落ちついて、自宅と会社を往復する単調な毎日に退屈していた時でした。
私は最近、唯一の夜の楽しみがあったのです。
それは、ツーショットダイヤルを深夜に利用することでした。
かける電話番号によって、地域の指定をする事ができるので、私はずっと地元の電話番号を指定していました。
テレセとは、基本的には会わないのですが、ある日私はテレセをした女の子と会うことになったのです。
電話の向こうの彼女はすごく可愛い声をしていて、エッチをするときには、お互いにアソコをなめるような音をいやらしく聞かせたり、お互いにオナニーをして楽しんでいました。
その後に、私たちは雑談をしたのですが、何と結構ご近所さんだったことが判明し、歩いていけるような距離に住んでいたのです。
私が軽いノリで「会おうよ~」と言うと、彼女も「私も会いたい」と言い、会うことになったのです。
しかも、これから会うことに。
彼女も仕事と家の往復に嫌気が指していて、刺激を求めていたと言います。
早速私は彼女に会いに、近くのコンビニで待ち合わせをしました。
現れた彼女はすごく可愛らしい女の子。
家も近かったので、彼女を私の家に誘うと、早速家の中でセックスが始まりました。
なんと言ってもフェラが上手くてたまりません。
テレセでもすごく感じましたが、生のあえぎ声もすごくエロいです。
テレセから実際に会うのは今回が初めてでしたが、私たちはセックスの相性がいいんだと思いました。

オナ電をするならインターネットで

オナ電をする場合はまず相手探しから始まります。
その相手探しにツーショットダイヤルという手段もありますが、ここではあまりおすすめしません。
なぜなら、ツーショットダイヤルでは料金が発生するからです。
それも1分単位でいくらといった設定のところが大半なのですが、これが思ったよりも支払いが多くなってしまうのです。
いくらお互いオナ電をすると了解していても、電話に出た相手といきなりプレイを始めることはありませんよね。
最初はやはり自己紹介から始まって少し世間話をして、それからプレイに進むといった手順を踏むわけですが、この時点で下手をすると数千円も掛かってしまうこともあります。
またプレイをしている最中は時間やお金のことなど気にしていませんから、終わった時には1万円やそれ以上掛かることも珍しくなく、これなら風俗へ行ったほうがよかったかも…などと後悔することにもなりかねません。
昔はオナ電の相手を見つける手段はツーショットダイヤルくらいしかなかったものですが、今ではインターネットでオナ電を希望する相手を見つけることもできます。
そしてそこで見つけた相手とのプレイに掛かる費用はというと電話代だけ、それも電話会社と話し放題といったプランを契約していれば事実上無料でプレイできるのです。
時間を気にすることなくそのうえお金が掛からずに楽しめる、インターネットを使うことでそんなオナ電が今や普通になっているのです。

続きを読む

最初はマニュアルなどを参考にするのもいい

いざテレセを始めるにしても、一体どういった言葉やワードを使えばいいのか、よく分からないという人も多いかもしれません。
もちろん、相手を不快にさせることさえ言わなければ、基本的には自由に好きな言葉を使って構いません。

ただ、やっぱり何かしら参考になる情報が欲しいと思う人もいるでしょう。
そんな時はネットで調べれば、テレセで使える単語であったり、ムードを出せるワードなどを知ることができるので、それらを参考にしてみるといいでしょう。

とりあえず最初のうちは、慣れるまでマニュアルなどを参考にするのもいいかもしれません。
なかなか言葉が出てこず、時間を無駄にするのも勿体無いですから、しばらくはそれを見ながら取り組むといいでしょう。

ただ、やはり本格的にテレセを楽しみたいのであれば、自分なりに考えながら色々なワードや言葉を発することが重要となるので、少しずつでも意識しながら取り組んで行きましょう。
最終的には、意識せずとも自然に言えるようになると思います。

思いついた妄想はどんどんメモしていく

何回もテレセを続けていくと、だんだんと妄想ネタも少なくなってくるかもしれません。
同じシチュエーションを何度も続けるのも飽きるでしょうし、やはり新しいネタが欲しくなるわけです。

ただ、こういった妄想ネタというのは、考えている時はなかなか思いつかなくても、日常の中で突然思いつくことがあるのです。
例えば、ゲームセンターでカップルが楽しんでいるのを見て、「よし、次はゲームセンターでのエッチをやってみよう」などと閃くわけです。

あるいは、駅のホームで酔っ払っている彼女を彼氏が介抱しているのを見て、「このシチュエーションはテレセに使えそう」と思ったりするわけです。
そのままホテルに連れて行ったり、あるいはトイレで介抱した後セックスをするなど、いくらでも妄想を膨らませることは可能ですし。

このように、毎日の生活の中で妄想ネタが思いつくことも多いですから、忘れないうちにどんどんメモしておくといいでしょう。
気が付けば、あっという間に10や20もの妄想ネタが出来上がったりするので、さらにテレセを幅広く楽しめるわけです。

続きを読む

最初の5分はムード作りに徹する

テレセを始めるにあたって、最低でも最初の5分はムード作りに徹するようにしましょう。
要するに、いきなりセックスを始めるのではなく、何気ない会話や雑談をしたりして、徐々にいい雰囲気を作っていくわけです。

リアルでセックスをする際にも、必ず最初に前戯から始めると思います。
それによって感度の方も高まっていき、より興奮した状態でセックスが楽しめるのです。

なので、テレセの場合でも充実したセックスができるように、ムード作りを欠かしてはいけないのです。
たとえ短い時間であっても、そこに費やす時間を惜しむべきではないのです。

もちろん、具体的にどれぐらいの時間をムード作りに費やすかは、テレセを行う時間であったり、その場の雰囲気に合わせて考えればいいでしょう。
あまり時間をかけすぎても、テレセをするための時間が少なくなってしまうでしょうし、そのあたりは臨機応変に決めていくといいわけです。

ただ、最低でも5分という時間は守ってもらいたいですし、最高の状態でテレセを楽しんでもらいたいです。

最終的には実際にテレセをして判断することになる

せっかくテレセをするなら、自分の理想に少しでも近い相手を選びたいところでしょう。
やっぱりテレセの場合でも、相性の部分は重要となるので、どういった相手を選ぶかも大きなポイントになるのです。

さて、具体的にどうやって相手を選ぶかですが、出会い系サイトにしても掲示板にしても、簡単なプロフィールを掲載していることがほとんどですから、まずはそちらで絞り込むといいでしょう。
年齢であったり性格やタイプなど、基本的な情報を知ることができるので、それだけでもかなり相手を選別できると思います。

ただ、最終的には実際にテレセをした上で判断することになるでしょう。
相手の声はもちろんですが、どういったセックスが楽しめるかも、実際に電話をして会話をしなければ分からないわけですから。

そして、もし大いに満足することができ、楽しくテレセを行うことができたのであれば、その後も定期的に関係を続けていくといいでしょう。
逆に、お世辞にも相性がいいとは言えなかったのであれば、また別の相手を探せばいいわけです。

続きを読む

まずはテレセ相手を見つけることから始めるわけですが

テレセをするためには、当然ですが相手がいなければ始まりません。
なので、まずはその相手を見つける必要があるのですが、どのようにして探せばいいのでしょうか。

今はインターネットという便利なツールがあるので、そちらを活用すればスムーズに探すことができるでしょう。
例えば、出会い系サイトに登録をしてアプローチをしてみるのもいいですし、専用の掲示板に募集の書き込みをしてみるのもいいでしょう。

ただ、本当にそんな簡単に相手が見つかるのか、疑問に思う人もいるでしょう。
もちろん、リアルで出会うことを前提とするなら、そう容易ではないでしょう。

しかし、テレセであれば電話でやり取りするだけですし、実際に出会うこともないわけです。
なので、出会いの誘いをする場合よりも遥かに成功する確率は高いのです。

運が良ければその日に相手を見つけることもできますし、昼間に登録して今日の夜にはテレセをすることも不可能ではないのです。
どちらにしても、こちらから積極的にアプローチするのが前提となるので、果敢に行動することが大事なのです。

もちろんテレセにも相性はある

テレセはとっても楽しいですし、多くの人にオススメできる存在ではあるのですが、当然ですが人によって相性があります。
もちろん、これは普通のセックスにも言えることなのですが、誰にでも向き不向きがあるのです。

例えば、テレセの場合は常にエッチな言葉やワードを言ったりするわけですが、それが苦手だという人もいるわけです。
会話をすることが苦手な人にとっては、どうしても言葉が出てこなくなって、沈黙が続いてしまう可能性もあるのです。

リアルでのセックスなら、そこまで会話をする必要もないでしょうし、とにかくエッチの方に専念することもできるわけです。
なので、普段からあまり話さない人や、異性との会話に苦手意識のある人は、あまりテレセ向きとは言えないのです。

また、テレセでは妄想力を働かせることも重要なのですが、それにも得手不得手はあると思います。
いろんな場面を次々と妄想できる人もいれば、全然思い浮かばない人もいるでしょう。

妄想に自信がない人にとっても、テレセを楽しむことも難しいので、無理に勧めることはできないわけです。

続きを読む

▲ページトップに戻る